YOU DESERVE THE BEST SECURITY
  •  Within US    1-866-488-6691
  •  Outside US +44 1253 335558

Check Point サイバーセキュリティレポート2022年日本語版: 世界中のサイバー被害の程度が明らかに

サイバーセキュリティレポート2022年版は、サプライチェーンを攻撃する「frenzy」、増え続ける日常生活を脅かしているその他も含め、2021年からの主なサイバーセキュリティのトレンドを明らかにしています。特に、教育、調査機関が最大の標的になったことが分かりました。

全く新たで巧妙、拡大し12月まで継続した年始の「SolarWinds」攻撃に始まり「Apache Log4j」の到来で脆弱性が搾取されました。このレポートで、Check Point Research (CPR)2021年に発見した攻撃の方向性、技術等が明らかになります。

Check Point サイバーセキュリティレポート2022年版のハイライトは、以下が含まれます。

・企業ネットワークに対する攻撃は、2020年に比べ2021年は50%増加。

・特に教育、調査機関が最大の標的で、週平均で1,605の攻撃を受ける。

・ソフトウェアベンダーは、過去最大の前年比成長を記録(146%

サイバーセキュリティレポート2022年版は、サイバー脅威の全体が詳細に見渡せるようになっており、かつ次のサイバー被害への対処法について助言がされています。これらは20211-12月での、Check Point SoftwareThreatCloud Intelligenceから出されたデータに基づいており、特にサイバー犯罪者がビジネスを攻撃するのに使う手法に焦点を当てています。

サイバーセキュリティレポート 2022年版

*Notice: The information you provide will be used in accordance with the terms of our privacy policy.
This website uses cookies to ensure you get the best experience. Got it, Thanks!MORE INFO